コラム

11/30は「本みりんの日」

~砂糖とは違う!本みりんの美味しい効果~

“みりんをどうやって使えば良いかわからない…”そう思っている方は実は多いのではないでしょうか?
本みりんは上品な甘み、旨味、香り、ツヤ、照りの効果がある日本の伝統発酵調味料ですが、現代では簡易的に作られたみりん風調味料などが多く作られるようになったことから、本みりん業界が「11=良い」「30=みりん」と語呂合わせし、良いみりん=本みりんをもっと広めようと制定されました。

本みりんの原材料はもち米・米麹・焼酎で、このような特長があります☆

・砂糖の強い甘みに比べて柔らかいまろやかな甘さ
・複数の糖類が食材に膜を作り照りとツヤを出す
・糖とアルコールが働いて煮崩れを防止、食材の旨味を閉じ込める
・原料の持つアミノ酸や糖類からコクと旨味が作られる
・アルコールの効果で食材に味が浸みこみやすい
・熱が加わりアルコールが飛ぶ際に食材の臭みを一緒に飛ばす効果がある

一般に多く出回っている「みりん風調味料」には水あめや酸味料、カラメル色素など着色料が使用されているため、料理が甘すぎるという印象が強く残ってしまうようです。本みりんの効果を知り、上手に使って毎日のお料理がもっと美味しくなると嬉しいですね♪

 

Rice Fields, Hoi An / nicocaramella

x