コラム

1/10は「糸引き納豆の日」

~納豆パワーで受験を乗り切ろう!~

1/10は全国納豆協同組合連合会により“糸引き納豆をPRする日”と制定されました。「1・10」で「い・とぉ」=糸の語呂合わせ、さらにこの日は納豆の「ねばり」や栄養食という観点から、受験生のイベントとからめた企画が行われることが多いようです。

糸引き納豆は「丸大豆納豆」「挽き割り納豆」「五斗納豆」の3種に分けられています。

◎丸大豆納豆
大豆を丸ごと煮て納豆菌で発酵させた一般的な納豆。大豆の大きさにより、大粒、中粒、小粒、極小粒に分類。

◎挽き割り納豆
大豆を炒ってから荒く挽き、表皮を取り除いて煮るのが特徴。青森県、秋田県、岩手県などで江戸時代以前から作られていました。

◎五斗納豆
挽き割り納豆に麹や塩を混ぜて樽に仕込み熟成させて作ります。山形県米沢地方の郷土食で、現在は塩分を減らし「雪割納豆」の名で売られています。

納豆には“ナットウキナーゼ”と呼ばれる納豆にしかない酵素が含まれており、ガン抑制効果や血液をサラサラにする効果が期待できます。また、レシチンという成分が含まれており、記憶力の低下を防ぎ脳の動きを向上させる効果があるので、受験生の皆さんにはぜひ食事に取り入れてほしい食材です!
ちなみに、納豆にはビタミンAとCが不足しがちなので、青ねぎを混ぜて食べるのは理にかなっている組み合わせなのでオススメです♪

Soybean Sprouts During Early Growth / unitedsoybean

x