コラム

1/7は「七草粥」

~お正月後の体に優しい七草粥!覚えていますか?7種の名前~

1月7日に無病息災を願って食べられている七草粥の習慣は、江戸時代に広がったと言われています。お正月に食べすぎて疲れてしまった胃を優しくいたわり、ビタミン補給の役目もあります。七草粥を作る際は、出来上がったお粥に刻んだ七草を加えてサッと混ぜて食べるとビタミンもしっかり補給できます。七草粥に入れる7種の草を「春の七草」と言います。

◎セリ
貧血防止の鉄分が豊富、水辺の良い香りの草です

◎ナズナ
ビタミン、ミネラルが豊富。別名“ペンペン草”といい、江戸時代ポピュラーだった草です

◎ゴギョウ
気管支や咳を止める効能があるとされている、元祖草餅の材料にされていた草です

◎ハコベラ
目に良い、利尿作用、止血作用、腹痛に効くとされている、古くから薬草として使用されていた草です

◎ホトケノザ
解熱、鎮痛作用があります

◎スズナ
蕪(かぶ)のことです。ビタミンCが豊富です

◎スズシロ
大根のことです。消化促進効果があります

覚え方としては「5(セリ・ナズナ)、7(ゴギョウ・ハコベラ)、5(ホトケノザ)、7(スズナ・スズシロ)♪」とリズムに乗って覚えると忘れないのでオススメです!

spring vegetable garden / wwworks

x