コラム

2/16は「寒天の日」

~超ヘルシー食材“寒天”は時代とともに変化している~

2005年2月16日にテレビの全国放送で寒天が健康食品として紹介され大ブームになったこと、天然製造の寒天はこの時期に大詰めとなることなどから、寒天の産地日本一を誇る長野県の茅野商工会議所と長野県寒天水産加工業協同組合が制定しました。

【寒天の種類】

◎角寒天
昔から作られているが水に漬けて戻したりこしたりしなければならず、最近では使用しにくいため需要が減っており現在は長野県内のみの生産

◎糸寒天
角寒天よりも粘度が高く和菓子に使用されてきた、主な生産地は岐阜県

◎粉寒天
粉末状の寒天、食品だけでなく工業製品や医薬品・化粧品などにも使用されている、近年主流になっているもの

◎固形寒天
粉寒天を固めた固形の寒天、計量不要で使用しやすい

◎フレーク寒天
凍結脱水法によりフレーク状にした寒天、高級和菓子店などで使用されている

寒天の原材料は海藻なので食物繊維も豊富で低カロリー、ヘルシー食材の代表です。主にテングサとオゴノリが使用されていますが、今では世界の色々な海藻が使用されており、日本で作られる粉寒天は世界トップレベルの品質を誇っています♪

x