コラム

2/28は「ビスケットの日」

~ビスケットの歴史は幕末から!160年前に注目された保存性の高さ~

ビスケットはラテン語で「2度焼かれたもの」という意味があり「2(にど)、8(やかれた)」の語呂合わせから、全国ビスケット協会が1980年に制定しました。
また、長崎周辺で外国人向けにだけ作られていたビスケットに水戸藩が“保存のきく食糧”と注目しその製法を調べ、柴田方庵という人物が長崎留学中にオランダ人から学んだビスケットの作り方を手紙にし、 1855年2月28日に水戸藩に宛てて送った史実からこの日に制定されたとも言われています。このことを日記に書き記した「方庵日録」は今でも残っており、これが日本でビスケットが作られたことが明確に分かる最も古い記録として残されています。

中力粉と砂糖に油脂は控え水分を多めにして時間をかけて練られた強い生地を、薄く焼いたものを「ハードビスケット」と言い、小さな穴があいているのが特徴です。 薄力粉と砂糖に脂肪を多く水分を少なめにして短時間で練って焼き上げたものを「ソフトビスケット」と言い、柔らかくサクサクした食感でクッキーもこちらに含まれます。

ビスケットとクッキーはどうちがうの?と疑問を持つ方も多いですが、実は同じ物として扱われています。ただ、お菓子業界では糖分や油分が多めで手作り風のもの=クッキーと呼んでもよいという決まりがあり、区別して使われることもあります。ちなみに、イギリスではビスケット、アメリカではクッキー、フランスではビスキュイ、ドイツではビスキュイートなどと呼ばれています♪

custard cream / 84744710@N06

x