教室風景

教室風景@日暮里校

201602012_01

今回は日暮里校へ行ってきました☆リクエストしてくださった「ぷーさん」さんは塾生の保護者さまです。「素晴らしい先生方が揃ってるので、ぜひ取材してください!」とのこと。ご応募ありがとうございます!室長の蕗澤さん、副室長の鈴木さんにインタビューしました。

◎地域の中でどのような塾と認知されていると思いますか?
☆蕗澤さん
公立中高一貫校の合格者が毎年おり、2011年冬の開校以来5年で約30名の合格者がいます。そのため、公立中高一貫校に強い塾と思われている方が多いのではないかと思います。実際には、御三家中の合格者(今年は2名)もいる教室なので、私国立中学校も公立中高一貫校のどちらも安心してお任せいただきたいです。

◎日暮里はどのようなエリアですか?
☆鈴木さん
日暮里は近くに開成中高がある場所なので、保護者の方からすると、塾として力を入れていないはずがない、特別なものが日暮里にあってしかるべきだというお客さまがたくさんいらっしゃいます。学習について意識の高いお客さまが多く、求められるものもとてもハードルが高いと思います。

◎教室の方針を教えてください。
☆蕗澤さん
先生たちに実践してもらっていることは、生徒の成績向上にこだわること、またそのために生徒のことをよく知ってほしいということ、集約するとそれだけです。そのために、目標を具体的に立てる、やり直し・解き直しを指導する、ノートの取り方をきちんと伝える、学習計画を一緒に立てる…細かく見ていくと、そういうところになるかと思うのですが…
また、お子さまの個性を見極めて指導してほしいと思っています。厳しく指導する方がやる気が出る子、やんわりと周囲から諭す方が良い子…さまざまです。栄光ゼミナールの掲げる「1人ひとりの個性指導」というのはそういうことなのです。

◎生徒のことをよく知るということは、どういうことでしょう?
☆蕗澤さん
生徒はどんどん変わっていきます。うれしいことや悲しいことを経てぐんぐん成長・変化しています。だから、日頃から気をつけて見ていないといけません。先生たちにはその変化に敏感になってほしいと思います。

☆鈴木さん
その日の授業のことを細かく教えてもらうなど、先生たちと日頃からコミュニケーションを取り、1人ひとりの生徒の話をたくさん聞くようにしています。些細なことのようでいて、とても大事なことが隠れていたりするのです。自宅でペットが死んでしまったなど、そういうショックは、実際、国語の成績にてきめんに影響が出ます。結果だけを見ると「成績が下がった」となりますが、そのようなときも「このときは、気持ちが入らなかっただけで、根本的に学力低下しているわけではありません」とご家庭にお伝えすることができるので、次への対策も立てやすいかなと思います。

◎保護者の方に接するとき、心がけていることは何ですか?
☆鈴木さん
「(子どもと)また喧嘩してしまった」「どう対処したら良いかわからない…」この時期はとくに、相談いただくことが多いです。私は保護者の皆さまの気持ちに寄り添い、話をじっくりお伺いし、まずは安心していただけるよう心がけます。そのために、私たちがどれくらい信用してもらえるか、心を許してもらえるか、その関係を日頃から構築することがとても大切かなと思います。
保護者の方が考えていること、感じていることは間違っているわけではありません。ただ、親だからこそ、お子さまに正しく伝わらないこともあります。また、本来は理性的に判断できる事柄でも、いざ起こったときに慌ててしまうこともあります。そんなときは私たちの出番です。保護者の方の代わりに、お子さまを正しく導くことで良い流れが生まれるのかなと思っています。

☆蕗澤さん
お子さまの勉強が何の問題もなく順調に進んでいることは稀で、ほとんどの保護者の方はお子さまの学習に対し悩みをお持ちです。というより、一人で苦しんでしまっています。だからこそ、わが子が受験した一人の親として、悩んでいる保護者の方に「皆さんそうですよ」「私もそうでしたよ」と事実をお話しただけで、安心していただけることが多いですね。「心配であればあるほど、お子さまが合格したときに、自分のことのように喜べるんです。だから一緒にがんばりましょう」と寄り添いたいですね。
結果が出るまで、保護者の方の不安をゼロにすることはできませんが、それまでの期間を少しでも安心して過ごしていただくために私たちがいるのだと思います。

◎選ばれている理由は何だと思いますか?
体験学習を受講していただいたり、見学に来ていただくと、ほとんどのお客さまが入塾してくださいます。やる気に満ちている塾生がいるからであることはもちろん、指導する先生たちの魅力、生徒のやる気を引き出す力など、「いい先生がいる教室だな♪」と思っていただけるからだと思います。
また、教室がコンパクトな分、先生と生徒の距離が近く、「みんなで一緒にがんばっている」「授業に参加している」という雰囲気も気に入っていただけていると思います。

教室が満杯になるくらい、たくさんの生徒さんで活気にあふれる日暮里校でした♪

▽日暮里校
http://www.eikoh-seminar.com/kyoshitsu/u9953.html

▽取材希望教室、まだまだ募集中♪
https://goo.gl/V4qAcq

201602012_02

(↑ 石渡先生による算数の授業)

201602012_05

(↑ 鈴木先生による算数の授業。テストは解き直しをしっかりと!)

201602012_03

(↑ ジュニアコースの算数の授業。たくさんの生徒が一生懸命学んでいます。)

x