栄光ゼミナールがある街

栄光ゼミナールがある街「金町」

20160328_011

(↑ JR常磐線 金町駅)

下町の風情を残す東京都葛飾区。江戸川、中川、荒川、綾瀬川などの河川に囲まれた葛飾区にあって、江戸川と中川にはさまれた、まさに「豊かな水の街」とも言えるのが金町エリアです。JR常磐線の金町駅と京成金町駅が隣接する金町を訪れたらぜひ立ち寄りたいところ、それが「都立水元公園」です!

20160328_01

(↑ [都立水元公園] 噴水広場は公園のロビーの役割)

20160328_02

(↑ [都立水元公園] 湖と見まがう大きな溜め池と水辺の木々が織りなす美しい景観)

20160328_03

(↑ [都立水元公園] 周囲に高い建物がなく気持ちよく青空が望める中央広場)

都内全公園で最大(東京ドーム20個が入る広さ=約96ヘクタール)の面積を誇る水元公園の主役は、なんと言っても「水」。園内に入るや、遊水池と灌漑用水を兼ねた溜め池「小合溜(こあいだめ)」が目の前に広がります。空を映す大きな池は、まるで湖!四季折々に色を変える水辺の木々と豊かな水が織りなす景観は、水元公園ならでは。異国の湖のほとりに立っているかと錯覚するほどの美しさです。

20160328_04

(↑ [都立水元公園] 夏場は水遊びが楽しめる、せせらぎ広場)

20160328_06

(↑ [都立水元公園] 高さ20メートルものポプラが1.2キロに渡って並びます)

20160328_05

(↑ [都立水元公園] “生きている化石”メタセコイア1800本が群生する森)

これからの季節、春は公園に沿って続く水元さくら堤の桜が楽しめます。また、”生きている化石”メタセコイア1800本が立ち並ぶ、都立公園としては最大規模を誇る”メタセコイアの森”の木々は、初夏に新しい葉をつけます。夏にかけては”都内最大”約100品種20万本の花菖蒲、天然記念物オニバス鑑賞が楽むことができます。現在81箇所ある都立公園の中でも唯一の水郷公園、都立水元公園の最寄り駅、金町。栄光ゼミナール金町校の開校は2009年、金町駅から徒歩数分です♪

▽金町校
http://goo.gl/0fzSE3

20160328_08

20160328_010

(↑ 栄光ゼミナールの看板が。金町駅南口を出てすぐ、ヴィナシス金町の2階です)

x