パーソナルファイナンスを学ぶ

vol.5 ~貯蓄体質になれるおさいふ術~

パーソナルファイナンスを学ぶ
☆1人ひとりに合ったお金の活用方法・管理方法を身につけよう☆

~貯蓄体質になれるおさいふ術~

◆お金が貯まる3つの習慣
お金を貯めるには、まずは節約!と思いこんでいませせんか?節約は、実はストレスがたまりやすいのであまりおすすめできません。最後の砦なのです。節約をする前に貯蓄体質なるための習慣をつけていきましょう。ご紹介したい習慣はいくつもあるのですが、その中で特に効果がある3つの習慣をご紹介します。

貯蓄体質になれる3つの習慣

1. 家の中を整理整頓しておく
身のまわりをスッキリさせておくと、必要な時にすぐに見つけることができますね。一方、家の中が片付いていないと、必要なモノを探す時間も無駄になりますし、見つからないと買わなければいけなくなります。これでは、時間もお金も無駄になってしまいますね。この習慣を身につけると、自然と必要なものだけを必要な数だけ置いておけるようになります。ぜひ、お試しください。

2. 給料はすぐに費目別に分ける
通帳の引き出し記録はあるけれど、いったい何に使ったのか覚えていない、という経験はありませんか?それは「使途不明金」と呼ぶ謎のお金です。そうならないためにも、毎月の給料が入ったら、すぐに仕訳をしてしまいましょう。銀行口座から引き落としされるものは銀行に入れておき、残りは全部引き出してしまいます。その際に、千円単位まで崩しておくと仕訳が楽です。この方法はいわゆる「袋分け」の管理方法です。例えば、食費なら、1週間ごとに袋から1万円を取り出して使うなどのルールを決めておきます。

3. 貯蓄する分を先取りする
貯蓄をする一番の方法は、給料が入ったらすぐに貯蓄分を先取りしてしまうことです。余ったら貯蓄にまわそうと思うとなかなかお金は貯まりません。その割合はできれば2割が理想的です。給料の100%で生活するのではなく、80%でやりくりできるようになれると、自然とお金が貯まっていきますね。この習慣に慣れておくと、家計の収入が減ってしまったときにも慌てずに対応できますよ。

3つの習慣をご紹介しましたがいかがでしたでしょうか。「意外に簡単そう!はじめてみようかな。」と思っていただけたら幸いです♪お金は使うことが一番の目的なのですが、将来のために貯めておくという役割もあります。大事な家族のために、上手に使って、賢く貯めてみませんか?

x