栄光ゼミナールがある街

栄光ゼミナールがある街「大泉学園」

20160406_02

(↑ 駅北口にある「銀河鉄道999」壁画。原作者・松本零士さんは今も大泉学園近隣に在住)

大泉学園駅に降り立つと、聞き覚えのある発車メロディが流れてきます。これは1979年のヒット曲、映画『銀河鉄道999』の主題歌では…!? それもそのはず。

20160406_01

2015年4月にオープンした、大泉アニメゲート。鉄腕アトムやあしたのジョー、銀河鉄道999などのキャラクターモニュメントが訪れる人を出迎えます。(奥には栄光ゼミナール!)

20160406_010

東京都練馬区にある大泉学園は、日本アニメ発祥の玄関口なのです!周辺には東映アニメーションをはじめとするアニメ製作スタジオが数多くあり、昨年(2015年)4月、駅北口にオープンした大泉アニメゲート広場では、等身大のアニメキャラクターたちが乗降客を出迎えてくれます。(アニメゲート広場の奥に、栄光ゼミナールの教室が見えます♪)

20160406_03

(↑ 東映東京撮影所。大泉学園エリアはアニメ・マンガとともに特撮、映画の街でもあります!)

20160406_06

(↑ ミルクタンク…と思いきや、中身はヘイキューブと呼ばれる固形状にした乾草や配合飼料が入っているそうです。)

そんな大泉学園駅から徒歩約10分、住宅街の一角に、東京23区にただひとつ残る牧場があることをご存じでしょうか?「小泉牧場」は1935年(昭和10年)創業の個人経営牧場です。現在、40頭あまりの乳牛を飼育しています。

20160406_04

(↑ 牛舎では40頭あまりの乳牛が飼育されています。搾乳を終えてくつろぐ牛たち。つぶらな瞳がかわいい☆)

20160406_07

(↑ 生後数日の子牛。とても人懐こくて、小さくて、かわいい)

基本的に日中の見学は自由。散歩途中のお年寄りやお子さま連れのお母さん方が、乳牛やかわいい子牛たちを見に立ち寄ります。生産作業のかたわら、命の大切さ、生き物と食べ物の関係を伝える教育の場としての活動や、近隣小学校の生徒たちに牛の世話(牧場体験)の機会を提供するなど、「街の牧場」として地域との交流を大切にする小泉牧場。東京の街中で本物の牛を間近に見られるなんて、とても貴重ですね!搾った牛乳で作られた濃厚な味わいのアイスクリームもとっても美味しくてオススメです☆((((○・ω・)ノ

20160406_05

アニメやマンガ、牧場まで楽しめる街、大泉学園。栄光ゼミナール大泉学園校の開校は1996年。駅北口から徒歩約1分です。

▽大泉学園校
http://goo.gl/KVsbxO

20160406_011

(↑ 大泉学園駅前と大泉学園町を結ぶ「大泉学園通り」には、約3kmにわたって桜並木が続き、桜の名所として多くの人が訪れます。)

x