コラム

5/17は「世界高血圧デー」

~知っておきたい高血圧のこと&上手な食材の選び方~

日本高血圧学会と日本高血圧協会は第30回日本高血圧学会総会において、5/17を「高血圧の日」と制定しました。高血圧(140/90 mmHg以上)は、脳卒中や心臓病などを引き起こす原因となっています。自覚症状がないことが多く、日本に約4,000万人と推定されている高血圧患者のうち、実際に治療を受けているのは2割の約800万人といわれています。

厚生労働省の1日あたりの塩分摂取量の目標値は男性8g、女性7g、高血圧の場合6g未満です。加工品、スナック菓子や外食の摂取が多い現代ですが、カップラーメン1個でほぼ1日分の塩分、スナック菓子や冷凍食品には約1~3gの塩分が含まれいます。パッケージのナトリウム量も400mg=塩1gに換算されます。

出汁、レモン汁など柑橘類、にんにくなど食材の旨味を活かすことで塩分を減らすことができます。塩分が多い調味料とされる醤油や味噌も、最近では減塩タイプが市販されることが増えましたが、味の完成度をあげるために量を使用してしまえば意味がないので注意が必要です。熟成期間が長いものは旨味も凝縮しており、少量使用するだけで料理が美味しくなり、使用する量を減らすことができます。塩は特に値段の差が大きいですが“天日干し”“平釜”と記載がある塩にはナトリウム以外にミネラルが含まれた塩なのでオススメです♪

調味料を見直したり、うまく食材選びをすることで、健康な毎日を送りたいですね♪(*˘︶˘*)

x