パーソナルファイナンスを学ぶ

vol.11 ~税金について学ぼう(消費税)~

パーソナルファイナンスを学ぶ
☆1人ひとりに合ったお金の活用方法・管理方法を身につけよう☆

~税金について学ぼう(消費税)~

私たちが社会で暮らしていくために国には「会費」を支払っています。国は、会費という収入をもとにあらゆる事業を行います。例えば、国が会社だとしたら、とても大きな会社ということになりますね。
さて、もうおわかりでしょうか、この会費とは「税金」のことです。税金は、国民から集められるお金です。この税金は、安全・安心な暮らしを支えるための国民みんなが負担する会費ですね。しかし、重要な収入源としての税金は、国の必要な予算の6割弱程度で、あとはのこり4割について借金をしている状況です。この状況を家計に例えると厳しい赤字の家計です。(平成28年度一般会計予算)
そこで大切に使ってもらいたい税金について一緒に考えてみましょう。

◆暮らしのあらゆる場所に役立っている
税金は主に、身近な公共施設(公園・図書館・公民館・消防・警察・病院・市役所等)、教育、道路や橋の整備、上下水道の整備、交通などの公共事業のために使われています。教育は、公立の保育園から大学までが支えられています。(校舎、プール、机や椅子、黒板、教材、理科室の実験道具なども含む) また、年金、医療、福祉などの社会保障制度にも使われています。

●税金の身近な使い道

20160609_03

一番身近な税金、消費税
私たちに最も身近なのは「消費税」でしょうか。スーパーや百貨店、インターネットでの買い物などやサービスには、消費税がかかります。買い物をした際に支払った消費税は、支払った先の事業者(例えばお店)が税務署に納めることになっています。一方、消費税がかからないものもあります。土地の譲渡・賃貸、金融・保険、医療、教育、福祉、住宅家賃など(要件によってはかかる場合があります)です。
例えば、マイホームを購入する際は、建物には消費税がかかりますが、土地にはかかりません。ちょっとした豆知識ですが、このことを知っていれば、マイホーム売出のチラシから、建物と土地の価格を算出することができます。

(例) 新築物件のチラシ
売出価格 4,700万円 (うち消費税 200万円)

平成28年中の場合(消費税8%)
①建物の価格
(消費税額÷8%)+消費税額
(200万円÷8%)+200万円=2,700万円(税込)

②土地の価格 4,700万円-2,700万円=2,000万円(非課税)
※消費税率はその時点の税率を使用してください。

建物の価格(税込)は、2,700万円、土地は2,000万円だとわかります。

いかがでしたでしょうか。税金を納めることは国民の義務として法律で定められていますが、税金のしくみや使い道を日ごろからよく知っておくことも大切ですね。
※財務省にて公開されているデータをもとに作成しています。

x