栄光職業ファイル

栄光職業ファイル Vol.12「理学療法士」

☆さまざまな職業についてご紹介します☆

病気やケガ、高齢や障害などで運動機能が低下した人の回復を図り、社会復帰をサポートするのが理学療法士のお仕事です。小児から高齢者までの患者に対して、医師の診断に基づいた治療計画を立案。「起きる」「立ち上がる」「歩く」といった身体の機能回復のための運動療法のほか、電気刺激、温熱、寒冷などの物理療法を施していきます。

主な就職先は、病院、診療所、高齢者福祉施設などですが、近年では介護が必要となる前に身体機能の低下を防ぐ予防リハビリ、通院が難しい高齢者のための訪問リハビリなど、活躍の場が広がっています。また少数ではありますが、スポーツチームに所属し、アスリートのリハビリを専門にする理学療法士など、スポーツ分野で活躍も期待されています。

理学療法士になるためには、理学療法士の国家試験に合格しなければなりません。試験を受験するには、養成課程がある大学、短大、専門学校、または指定の養成施設で3年以上学び、卒業することが条件となります。生理学や運動学など多くの知識が求められるので、生物をはじめとする理系科目の学習は必須。また、幅広い年代の患者やその家族、医師やケアマネージャをはじめとする専門スタッフと連携して治療にあたるためのコミュニケーション力、「人の役に立ちたい」という強い思いが何よりも大切なお仕事です。

x