教室風景

教室風景@高円寺校

20160622_02

ニックネームi-cotの貴公子さんからのリクエストで高円寺校へ。i-cotの貴公子さんは高円寺校の塾生さんです。「受験生のときに毎日自習室で勉強していたことが思い出です!」とリクエストをくださいました。ありがとうございます!室長の髙橋さんにインタビューしました!

◎高円寺校はどんな教室ですか?
高円寺校は、富士中や武蔵中といった公立中高一貫校を目指す生徒に多くお通いいただいている教室です。在籍している生徒は、小学生と中学生が4割ずつ、高校生が2割です。高円寺校は中学受験や高校受験でも90%を超える第一志望校合格率を誇っています。ぜひ一度ご来塾いただき、教室の雰囲気や指導の品質を確かめていただきたいと思います。

◎日頃の指導で心がけていることはなんですか?
生徒が勉強に集中できる環境作りを心がけています。授業の前には号令をかけ、ホームルームを行うことで、学習する姿勢と聴く耳を整えます。授業前に生徒の気持ちを整え集中力を上げることで、学習の内容がより濃くなると考えているからです。また、学習システムのCATS@Home(パソコンを使った自立学習教材)と自習室(i-cot)はできるだけ毎日利用するよう、日々声がけをしています。

20160622_04

(↑ 小澤先生の国語の授業)

◎教室の方針を教えてください
職員には自分の担当する生徒の成績に責任を持ち、全力で指導するよう話しています。高円寺校では、「分析会」という会議を定期的に開き、生徒の成績推移を全員分チェックしています。成績が下がってしまった生徒とは面談を行い、なぜ下がったのかを本人とじっくり話し合い、今後どのように勉強していくかなどを決めています。教師は生徒の人生に関わる重要な仕事です。全ての生徒が成績向上し、第一志望校に合格できるよう、職員には全力を尽くしてほしいと考えています。

20160622_03

(↑ 生徒たちは真剣にテストや演習に取り組みます)

◎1人ひとりをきちんと見ているのが伝わってきます
「分析会」では生徒の学習状況を振り返り、その後「学年会」という会議で生徒1人ひとりについての情報共有を行っています。成績の上がった生徒がいたら「この生徒はこういうふうに学習していた」と教師同士で共有することで、日々の生徒指導に反映させることができますし、生徒は「この間の模試、頑張ったね」と担当以外の教師に褒められるととても喜んでくれます。「全職員で全生徒を見る」という体制を作っています。

20160622_06

(↑ 個別指導の授業風景。先生が隣にいるのでいつでも質問することができます)

◎生徒にどんな人に育ってほしいと思いますか?
自分で考えられる人になってほしいと思い指導しています。勉強でも仕事でも、誰かに指示されてやっていることは、壁にぶつかると前に進めなくなってしまいます。困ったときに“考える”そして“手が動く”ようになると、生きていく上でプラスになるのではないかと思います。ですので、生徒が何か困っていたら、「まずは考えよう」「手を動かしてみよう」と指導していますし、職員にも同様のことを伝えています。「頭を使いながら走ろう」ということを常に伝えています。

20160622_01

(↑ 授業前や授業の無い日にも自習室に来て勉強する生徒がいます)

◎今後どのような教室にしたいですか?
第一志望校の合格率を100%にしたいです。「分析会」や「学年会」など、すべては生徒に自分のトップ校に合格して欲しいという想いのもとで行っています。栄光ゼミナールの「自分のトップ校へいこう」というスローガンを大切に、その子が一番輝ける学校に進めるよう、今後も指導していきたいと考えています。

▽高円寺校
http://goo.gl/Q1eEfU

▽取材教室リクエスト、お待ちしてます♪
https://goo.gl/V4qAcq

x