栄光職業ファイル

栄光職業ファイル Vol.14「販促・マーケティング・商品企画」

企業の企画部門に所属し、自社が販売する商品やサービスについて、どのようなものを、いくらで、どのように売るのかを総合的に考えていくのが、販促(販売促進)・マーケティング、商品企画の仕事です。

消費者のニーズを的確にとらえ、新商品を生み出すのが商品企画の仕事であり、販促やマーケティングはそれら商品がより多く売れるしくみをつくる役割を担っています。具体的には、情報収集や市場調査、ターゲットの志向、競合他社の動き、社会動向に関するデータを基に、商品のコンセプトや方向性を立案。そのうえで、製造・販売コスト、広告、販売戦略を企画書にまとめ、経営幹部へのプレゼンテーションを行います
。自分のアイデアを、商品・広告企画、営業戦略に反映させることができるのは大きなやりがいですが、世の中のトレンドに幅広くアンテナを張り、膨大なデータの収集、仮説に対して検証を繰り返していく粘り強さが必要な仕事です。

特別な資格が必要ではありませんが、経済の基本的なしくみを学ぶ「経済学」、ヒト・モノ・カネの流れと企業活動を学ぶ「経営学」、さまざまな社会現象を多面的に研究する「社会学」の知識は、この仕事に生かせる学問であるといえるでしょう。さらには、データを正確に読み取り分析する力、消費者のニーズをとらえる力、相手を説得するための論理性を磨くことを意識して、日々の学習を進めましょう。

x