教室風景

教室風景@草加校

20160714_01

(↑ 後列左から2番目が室長の栁先生です)

ニックネームうっちーさんからのリクエストで草加校へ!「帰宅途中に通りかかると、先生と生徒が一緒の様子を見かけます。お互いが笑顔で話しているので良い塾なんだろうなと感じます。どんな雰囲気なのか、草加校の様子を知りたいです。」とのこと。うっちーさん以外に、さくらさん、よこさんからもリクエストいただきました!ありがとうございます。草加校はいったいどんな教室なのでしょうか?室長の栁さんにインタビューしました。

◎草加校はどんな教室ですか?
在籍している生徒は中学生が6割、小学生が4割くらいです。中学受験、高校受験を意識している生徒に通っていただいています。草加校は約30年前に開校した教室なので、親子二世代で草加校に通ってくださっている方もいらっしゃいます。

20160714_05

(↑ 中1の英語の授業。黒板を見る目は真剣そのもの)

◎日頃の指導で心がけていることはなんですか?
“成績を上げるためにはどうするか”を常に話し合っています。最近、議題としてあがったのは「ノートをきれいに取るだけでは成績が伸びない」ということです。きれいにノートを取る生徒の多くは写すことが中心になってしまい、授業を理解することを後回しにしていることが多いからです。だから、本当はわかっていないのに、答えが正解だからと丸をつけて終わりにしてしまいます。そうすると、受験本番で見たことのない問題に手も足も出なくなってしまうので、草加校では厳しくノートチェックをして、わかって書いているかどうかの見極めをしています。生徒がきちんと考えて解くようになるために、「先生の目はごまかせないぞ!」と意識して指導しています。

20160714_06

(↑ ↑白衣がトレードマークの先生♪ 保護者の方が学生の時から先生をしていたそう!)

◎勉強を通して生徒にどんな人に育ってほしいと思いますか。
先日、「宿題をやってきました」とある先生のもとに解答を綺麗に写した生徒が来ました。先生はすぐに写したことに気が付き、説教が始まりました。実は以前その生徒の保護者の方が「うちの子は頑張っているのに、一向に成績が良くなりません…」と相談しにいらっしゃっていて。それを知っていた先生は生徒に対し「ご両親は、きみが頑張っていると信じているのに、とても恥ずかしいことをしているよ」と叱ったわけです。でも、叱られたことが無い子どもたちにとってみるとそれが新鮮なようです。生徒たちにはそういう経験を通して、成績を上げるためだけに塾に通うのではなく、大人がいかに子どもたちのことを考えているかをわかってくれると嬉しいなと思います。

20160714_03

(↑ 自習室は小学生と中学生でいっぱいでした)

◎草加校にはどんな先生がいますか?
先生たちの年齢層が幅広く、ファミリーみたいな感じです(笑) 熱い先生、声が大きい先生、白衣がトレードマークの先生などタイプも様々です。みんな授業にプライドを持っているからこそ、指導は厳しくなります。普通、塾の授業は時間がきたら「じゃあ今日はここまでね」となりますが、草加校の先生はきちんと理解できるまで生徒を帰さない先生が多いです(笑) なので、地域の中では厳しいイメージをもたれていると思いますが、どの先生も教師を仕事としてやってきている自負もあり、真剣であることは確かです。

◎教室の自慢を教えてください!
先生たちがみんな“おとな”ということです!私が「生徒がトイレから戻ってこないな…」と思った時には既にほかの先生が駆けつけているなど、生徒の様子をとてもよく見ていますね。前に自習室で掃除をしていた際、机の下に髪の毛がたくさん落ちていたことがありました。実はそこに座っていた生徒はすごく悩んでいて、その髪の毛がサインだったのです。先生たちはそういうところにも気が付き、すぐに生徒と話をしてくれる。今の子どもは自分から悩みを話してくれない子が多いですから、きめ細かな気配り・心配りができる先生はありがたいですね。

20160714_07

(↑ 草加校では自習室を使ったらどの教科をどのくらい勉強したかこの紙に記入して提出します)

◎中学生の生徒が多いとのことですが、この地域特有の「ご家庭の悩み」はありますか?
保護者の方から問い合わせを受ける際に一番聞くお悩みが、「部活と両立できるかどうか」です。草加地区の中学校は部活がかなり厳しいことで有名で、運動部などは週6~7で練習がある学校もあります。なので、保護者の方が塾を選ぶときは、子どもたちの負担を減らすために定期テストで出る問題を当ててくれる塾を選ぶか、高校受験に向けた勉強を教えてくれる塾を選ぶかの二択になっています。しかし、“定期テストでどこが出るか”という点だけを突き詰めてしまうと高校に上がってからの勉強に結びつかなくなる生徒が多いです。栄光ゼミナールは受験勉強を教える塾なので、前者に比べると厳しいですが、高校に入ってから、またその先の将来にもつながる指導を行っており、共感してくださる方にお通いいただいています。なので部活動もしっかり行う頑張り屋さんが多いですよ(笑)入りたての生徒には、草加校は日曜日も空いている教室なので、授業日以外にも勉強しにおいでと話しています。

◎保護者の方や生徒と接する時に心がけていることはありますか?
保護者会では、今までの社会状況、これから起きるであろう変化と今できることをお話しするように心がけています。もちろん、テストや入試のことも大切ですし、保護者の皆さまもそういった話を望んでいらっしゃるかもしれません。しかし、学校成績をあげることや入試に合格することだけのためだけに努力する時代ではありません。大切なのは、自分の目標に向かって正しい方法で努力し、失敗から多くのことを学び、仲間とともにやり遂げることです。テストがあるから勉強するとか、範囲がわからないから勉強しないとか、受験学年だから頑張るとか、そういった考え方をする人にはなってほしくありませんし、次世代を担うためには、もっと積極的に取り組んでほしい。なので、生徒には自分で考え自発的に動くことができるよう、意識して接しています。

▽草加校
http://goo.gl/3lQUqU

▽取材教室リクエスト、お待ちしてます♪
https://goo.gl/V4qAcq

20160714_02

(↑ 1つ上のフロアには、個別指導のビザビ、大学受験のナビオがございます)

x