教室風景

教室風景@笹塚校

20160729_01

ニックネーム六郎丸さんからのリクエストで笹塚校へ!「どんな質問でも丁寧に答えてくれる先生方に日々感謝しています!」とリクエストをくださいました。ありがとうございます♪ 室長の一ノ瀬さんにインタビューしました!

◎笹塚校はどんな教室ですか?
在籍している生徒は小学生7割、中学生3割くらいと小学生が多い教室です。特に中学受験・公立中高一貫校受検を志望している生徒が多いですね。今いる生徒は小学校低学年の頃から通ってくれている生徒が多いのが特徴です。受験が盛んな地域ですが、交通の便も良いので、色々な選択肢がある地域だと思います。
笹塚校では、昨年は中学入試では女子学院中、高校入試では都立西高に合格者が出ました。難関といわれる学校に進学することはもちろん素晴らしいことですが、それだけではなく、「ゴルフの強い中学校に行きたい!」や「チアダンスを続けたい!」など1人ひとりの夢がかなえられる学校に進学してもらいたいという思いの元、指導しています。

20160729_04

◎小学生が多い教室ですが、中学生はどんな子がいますか?
やはり都立高校志望の子が多いですね。一口に高校受験といっても受験の種類が様々なので、保護者の方は情報に飢えている方が多い印象があります。
笹塚校ではその子の自宅や成績を見ながら、通学圏とその中にある高校をお教えします。そして、通える範囲の高校の中で、自分の成績が今どのあたりなのかを可視化し、希望の高校に合格するには内申点と当日のテストの点数をどのくらい取ることが必要なのかを生徒に理解してもらいます。
多い時には志望校決定のため、2ヶ月の間に5回くらい面談することもあります。これは、中学受験も同様です。志望校決定は生徒たちの将来がかかっているので、時間をかけています。ネットで集まる情報はたくさんありますが、笹塚校ではネットでは集まらない情報を率先してお伝えするようにしています。

20160729_05

◎教室の方針を教えてください。
職員たちには、「心技体」を持っている先生になるようにと話をしています。心は、正しい考え方ができること。生徒への影響力があるからこそ、教師として、生徒と正しく関わっていくことが必要です。技はスキルです。指導のスキル・生徒とかかわる時のスキルなど、スキルは常に磨き続けなければいけません。そして、体は行動。思いやスキルがあっても行動に表さなければ意味がありません。人に何かを伝える時は行動で表せる人にならなければいけません。心技体を持った教師を見て、生徒も見習ってくれたいいなと思っています。

20160729_00

◎日頃の指導で心がけていることは?
生徒たちには、「やるべきことは、その日のうちに終わらせるように」と指導しています。やり直しのプリント・リタプリは授業の最後にやるようにしています。また、宿題をやってこなかった生徒も授業が終わってから、再度問題を解くように声をかけています。
生徒たちも自分のやるべきことをわかっていて、毎日自習室に来て学校の宿題をやっている子も多いです。去年教室の改装をし、自習室が広くなったのですが、それでも今年の夏休み・冬休みはいっぱいになるだろうと予想しています。

20160729_02

◎保護者の方は「家で勉強しない」という悩みを抱えている人も多いと思います。そういう子にはどう対応していますか?
通っていただければ成績を上げる自信はありますが…(笑) そういう子には大きく2つやることがあります。1つ目が「できる問題を解く」。2つ目が「いつどこで何をするかを本人と決める」です。たとえば宿題を家で“できる”のか?“できない”のか?を本人と話し合って決めます。それが小学生でも同様です。もちろん、本人が“できる”というときは家でやってもらいます。そして、1週間後にもう一度本人と話して進捗を確認します。できていたら、「すごいぞ!その調子でがんばろう!」と褒め、できていなかったら「自分ができると思っていたけど、できなかったよね?どうする?」と、できなかった理由を聞き、できる方法を考えます。時間をかけてでも、自分で考えて決めていくことが重要だと考えています。

20160729_06

◎生徒から「なぜ勉強するの?」と聞かれたらどう答えますか?
現実路線では、将来の夢を実現するためには、勉強ができた方が有利である。勉強ができると選択の幅も広がると話しますね。
ただ、子どもたちに勉強を通して知ってほしいことは、「成功体験の積み重ねが今後の自信につながる」ということです。習い事や部活動は人それぞれ違うけれど、勉強に関してはみんながやっていることで、点数も出てしまいます。みんながやっている勉強だからこそ、小さな成功体験を積み重ね、変われたという自信がつくことが、彼らにとっては大きな成功だと思います。もちろん、子どもは1回では変わらないので、教師は継続的に関わっていくことが重要だと思っています。

◎ 最近うれしかったことは?
最近は、生徒や保護者の方からの紹介で入塾してくださる方が多いことがうれしいですね。今通ってくださっている塾生だけでなく、卒業生の方からのご紹介という人も多いです。
塾なので、もちろん生徒が合格することも嬉しいですが、ご家庭とのつながりの中で、その子の人生、ご家庭にまで関わりをもち、時には支えることができることが、この仕事をやっていて特にうれしいと感じます。

▽笹塚校
http://goo.gl/82BjhI

▽取材教室リクエスト、お待ちしてます♪
https://goo.gl/V4qAcq

x