美味しいコラム

8/4は「箸の日」

~日本人なら知っておきたいお箸のマナー~

「お箸を正しく使おう」という民俗学者の提唱で「は(8)し(4)=箸」の語呂合せでわりばし組合が1975年に制定しました。東京・千代田区の日枝神社では、神前に長さ1mもの大きな箸をお供えし、古い箸を焼いて供養する箸感謝祭が行われています。

毎日の食事で使っているお箸ですが、今回は「お箸のマナー」についてご紹介いたします。正しいお箸の持ち方は、和食を食べる上で大切なテーブルマナーです。今晩は、食卓で「お箸の持ち方」を確認してみましょう!

・寄せ箸 箸を使って器を自分のほうへ引き寄せること
・あげ箸 箸で持った食べ物を口の高さ以上に上げること
・移し箸 箸から箸へと食べ物を受け渡すこと
・迷い箸 何種類かの料理の上を箸が右往左往すること
・かき箸 箸を使って食べ物をかきこむこと(ご飯など)
・そら箸 料理まで箸を近づけておいて取らないこと(料理に異物を発見したために食べるのを拒否したと見なされます)
・たたき箸 箸で食器を叩くこと
・こすり箸 割り箸をこすり、ささくれを落とすこと
・ちぎり箸 箸を片手に1本ずつ持ち、料理をちぎること
・突き箸(刺し箸) 食べ物に箸を突き刺すこと

この他にもお箸のマナーはいくつもありますので、夏休み中にお子さまと一緒に調べてみるのも良いかもしれませんね。

x