栄光ゼミナールがある街

栄光ゼミナールがある街「四谷三丁目」

~都会のどまんなか。新宿区の四谷三丁目~

20160814_09

(↑ 四谷消防署が目印の交差点)

東京メトロ丸ノ内線の四谷三丁目駅。消防博物館を併設する四谷消防署の建物が一際目をひく新宿通り(国道20号)と外苑東通り(都道319号線)の交差点の間近にあります。付近の町名は「四谷」ですが、誤読を避けるためか、「四ツ谷」「四ッ谷」と表記されることもあるようです。このエリアは新宿や赤坂、明治神宮外苑にも近く、オフィスも多い賑やかな街。遡ること10年前の2006年までは、このエリアに文化放送の局舎がありました(現・浜松町北口)。

20160814_01

(↑ 東京おもちゃ博物館の建物は小学校校舎の再利用です)
http://goodtoy.org/ttm/

20160814_02

(↑ 昭和の時代の小学生には懐かしい、館内の廊下)

20160814_03

(↑ 「グッド・トイ」選定玩具の展示室。おもちゃコンサルタントが選定基準に沿って選んだ優良玩具が並び、遊ぶこともできます)

駅から徒歩7分の[東京おもちゃ美術館]は、2006年惜しまれつつ閉校した新宿区立四谷第四小学校(昭和10年建造の歴史的建築遺産)の校舎を再利用して2008年春にオープンした施設です。外観は私たちも親しんだ懐かしい小学校のたたずまいそのまま。中に入ると、教室11室に国内外100カ国、15万点以上の玩具が所狭しと並んでいます。

20160814_04

(↑ おもちゃドクターにおもちゃの使い方、楽しみ方を教えてもらうことができます)

20160814_05

(↑ 身の周りのものからできるおもちゃの作り方が学べる[おもちゃこうぼう])

[ふれて遊べる]体験型ミュージアムがスローガンの同館内では、赤いエプロンを着たおもちゃ学芸員さんが、おもちゃの楽しみ方や遊び方をやさしくエスコートしてくれます。牛乳パックや紙コップを使ったおもちゃが作れる人気の[おもちゃこうぼう]をはじめ、ボードゲームやパズルゲームが並ぶ[ゲームのへや]、約2万個の木のボールを敷き詰めた「木の砂場」や鳥かごをイメージした杉のセンターハウスがある[おもちゃのもり]など、子どもから大人まで、一日たっぷり遊べるおもちゃが盛りだくさん! まさに東京の穴場カルチャースポットです。夏休みのおでかけにもぴったりですね。

20160814_06

(↑ 2011年10月にオープンした「赤ちゃん木育ひろば」。赤ちゃん専用の部屋(0~2歳までのお子さまとその保護者対象)です)

都会のどまんなかにある栄光ゼミナール四谷三丁目校。開校は2000年、四谷三丁目駅の3番出口を出てすぐです♪

▽四谷三丁目校
http://goo.gl/NrL8ys

20160814_08

栄光ゼミナール四谷三丁目校は、松屋さんの上です♪

x