パーソナルファイナンスを学ぶ

vol.18 ~知って安心、自動車保険~

レジャーシーズンは車での外出も多くなる季節です。出かける前の事前の準備からワクワクしますね。そんな大切なイベントですからやはり存分に楽しみたいですね。レジャーを陰ながら支えてくれるのが自動車にまつわる保険です。今回は、自家用車やレンタカーを利用する際に必要な「自動車保険」についてお話しします。

◆自家用車の自動車保険(自賠責と主な任意保険)
自動車の保険は2種類に分けられます。
全ての自動車への加入が義務づけられている「自動車損害賠償責任保険(以下、自賠責保険)」と「任意保険」です。

◎自賠責保険
入っていなければ運転することができません。また、補償の内容や保険金は一律で、これを超える損害については補償がされません。対象範囲も保険金も共に限度があります。

◎任意保険
主に自賠責保険で補償されない部分を補うことを目的とし、各保険会社で加入することができます。大きく分けると「相手への賠償」「自分や同乗者のケガなどの補償」「車の補償」の3つになります。

●自賠責と主な自動車保険(任意保険)

20160824_02

○補償されます ×補償されません △補償が不十分です
※「自賠責保険ポータルサイト/国土交通省」、「日本損害保険協会サイト」より作成

例えば、任意保険の対人賠償保険は、事故により他人を死亡させたりケガを負わせて、法律上の損害賠償責任が生じた場合、自賠責保険を超える部分に対して保険金が支払われます。任意保険は、別途、保険料がかかるものですが、万一の場合を考えると必要な保険となりますね。

◆レンタカーの場合
レンタカーを借りるとき、車のレンタル料として支払う基本料金には、基本的な保険補償(対人、対物、車両、人身傷害補償)が保険料に含まれています。ただし、車両と対物補償には免責額が設定されています。免責額とは、損害が発生したとき保険会社が保険金の支払い責任を負わない利用者(加入者)の自己負担額として設定する金額のことです。この免責額を補償してくれるのが、「車両・対物事故免責額補償制度(CDW)」です。万一の事故の際、自己負担となる車両免責額と対物免責額を補償する制度です。
また、レンタカーを使用して車両の修理や汚れのために清掃が必要になる場合があります。レンタカー会社はこの期間その車をレンタカーとして使用することができません。その場合は利用者がレンタカー会社に対し営業補償の一部として支払うというケースもあります(ノン・オペレーション・チャージ(NOC))。

自動車保険に入っていればいざというときに経済的な補償を受けることができますが、法令順守やシートベルト着用など基本的なルールを守るということが何より大切なことです。
万一、事故を起こしたときはまず人命の救助を優先しましょう。そして、警察と保険会社(またはレンタカー会社)に連絡をします。事故がないことが一番ですが、自動車保険について知っておくと安心感を得ることができます。車でのお出かけがさらに楽しくなるかもしれませんね♪

x