栄光ゼミナールがある街

栄光ゼミナールがある街「吉祥寺」

~一度住んでみたい。吉祥寺~

20160828_02

(三鷹方面へ向かう吉祥寺通り。井の頭恩賜公園を縦断しているため、公園通りとも呼ばれている。井の頭自然文化園は駅側を背にして右手)

JR中央本線と京王井の頭線が乗り入れるターミナル駅、東京・吉祥寺。ここ数年、毎回関東圏の住みたい街ランキング上位にその名を連ねる人気の街です。2014年には駅ビルがリニューアル。新宿へ約14分、渋谷へ約17分の好アクセス、生活必需品はなんでも揃う百貨店、アーケード商店街、大型チェーン、量販店の充実に加え、飲食・ファッション・雑貨・サブカルチャーにまつわる小さなショップも数多く建ち並ぶ絶妙なバランスが吉祥寺の魅力かもしれません。

20160828_03

井の頭自然文化園の正門。井の頭恩賜公園から吉祥寺通りを横断した御殿山エリアにある。吉祥寺駅からは徒歩約10分
http://www.tokyo-zoo.net/zoo/ino/
井の頭自然文化園管理事務所 武蔵野市御殿山1-17-6 TEL: 0422-46-1100

 

賑わう街中にあって、豊かな緑と水をたたえる憩いのオアシス 井の頭恩賜公園、そこから西側に足を延ばし、吉祥寺通りを横断した御殿山エリアにあるのが、井の頭自然文化園です。同園は、この春(2016年5月)惜しまれつつもその生涯を閉じたアジアゾウのはな子がいたことでも知られています。園内にはニホンカモシカやアライグマ、アカゲザル他が飼育され、モルモット(テンジクネズミ)と触れ合える[モルモットふれあいコーナー]やニホンリスの放飼場に入れる[リスの小径]、ミニ遊園地など、親子連れで楽しめる施設も。

20160828_04

猛暑でばて気味のマーラ

20160828_05

(絵本「かわいそうなぞう」に登場する「花子」にちなんで名付けられた「はな子」は、日本で飼育された中で最も長寿(享年67歳)のゾウだった。来る9月3日には同園で「はな子とのお別れ会」の開催も)

20160828_06

(多くの人に愛されたはな子。ゾウ舎にはたくさんの献花やメッセージが)

20160828_07

(同園内の資料館では特別展示[アジアゾウ はな子の69年]を開催中)

20160828_010

(同園内[彫刻園]。この地域と縁の深かった彫刻家 北村西望の作品を収蔵)

20160828_09

(長崎市「平和祈念像」制作の際、公園内の土地を借用して建設されたアトリエ)

長崎市の「平和祈念像」ほかの作品で知られる彫刻家 北村西望の作品を収蔵した彫刻園やアトリエ館、「赤い靴」「七つの子」などの作詞で知られる詩人 野口雨情の書斎「童心居」は知る人ぞ知る見どころです。通りを挟んだ水生物園には、水鳥を多く飼育するとともに、主に関東圏に棲息する魚類や両生類を飼育する「水生物館」があります。動物園・水生物園とも、[近所の動物園、水族館]的で、どこか素朴でのどかな雰囲気が魅力のスポットです。

都会で多くの自然や文化とふれあえる街、吉祥寺。栄光ゼミナール吉祥寺校の開校は2003年。JR吉祥寺駅の北口ロータリーを出てすぐです。同じフロアには個別指導専門教室ビザビ、高校生専門教室ナビオが入っています。

▽吉祥寺校
http://goo.gl/tcE9Ix

20160828_01

(栄光ゼミナール吉祥寺校が入るビル)

x