美味しいコラム

11/1は「犬の日」

~犬も手作り食で健康に!与えてはいけない食材を知る~

11/1は「わんわんわん」。そう、犬の日です♪ペットは大切な家族。最近ではペットの食事を手作りする方が増えているそうです。人も犬も、身体は「食べたもの」でつくられています。手作り食に変えてから毛艶や便の状態が良くなった、口臭や体臭が減ったという声も多くあります。
人と同じ食材が使えると言われていますが、犬に与える際には注意したい食材もあるようです。

【与えてはいけない食材(一部)】
・タマネギ
溶血性貧血の原因となり少量でも死に至る場合があり、ハンバーグなどの刻んで混ぜたものや牛丼の煮汁もNGです

・チョコレート、ココア、キシリトール、ナッツ類
中毒の原因になる場合がある

・桃、杏子、梅の種
中毒の原因や腸閉塞の原因になる場合がある

・生卵
栄養障害を起こす場合がある

・ハムやソーセージなどの加工食品
塩分や香辛料が多く使われ腎臓や心臓・胃腸の負担になる

・イカ
消化が悪い、乾燥したスルメなど丸呑みして腸閉塞の原因になったことも

・ぶどう、レーズン
お腹で異常に発酵したり、中毒の原因となることがある

ドッグフードに含まれる脂質の酸化が原因で、消化器症状や皮膚のかゆみを起こしている場合もあるようなので、手作りに変えることで、シンプルな食材で犬の体に負担を減らすことが可能になりそうですね。
犬の手作り食ではタンパク質、炭水化物、野菜・果物などがおすすめとされています。レシピ本も多く出ていますし、どのような食材・栄養素をどのくらい与えたら良いのかは個体差があるので、動物病院で獣医師に相談するのも良いでしょう。
大切なペットと一緒に、家族全員が健康で楽しく過ごせるようにぜひ「食」を意識してみてくださいね。

x