美味しいコラム

12/28は「身体検査の日」

~血糖値が高いとどうなる?~
1888(明治21)年、当時の文部省(現在の文部科学省)が全ての学校に毎年4月に生徒の活力検査(身体検査)を実施するよう訓令したことから制定された日です。今回は健康診断前にとくに気になる(?)血糖値について、お話します。

■血糖値とは?
食後の血液中の糖分は日常生活に欠かせないエネルギー源です。消化吸収の過程で血液中の糖分が増え、これを数字で表したものが「血糖値」です。

■血糖値が高いとどうなる?
食後30分前後が血糖値上昇のピーク、この時に膵臓(すいぞう)からインスリンというホルモンが分泌され、肝臓や筋肉などの体の必要な場所に吸収されて血糖値が下がります。血糖値が急激に上がりすぎるとエネルギーの消費が追いつかずに糖が余ってしまうのですが、これは脂肪細胞に蓄えられ、肥満や生活習慣病につながってしまうのです…
また、急激に上がった血糖値は急激に下がる性質があり、これを繰り返すことで感情の起伏も激しくなると言われています。

■血糖値の上がりにくい食べ物
玄米や発芽米、雑穀米がおすすめです。パンやパスタは全粒粉を使用したもの、フルーツはキウイやグレープフルーツが◎
主食となるお肉やお魚はしっかりと食べましょう。血糖値が上がりやすい野菜はイモ類や根菜類ですが、ビタミン類も摂取できるので適度に取り入れ、その他の野菜は積極的にもりもり食べてくださいね。

ダイエットや偏った食生活でおにぎりやパンなどの単品しか食べていない方、甘いお菓子が好きな方は特に血糖値が上がりやすい傾向にあります。白米から雑穀米に変える、お味噌汁をプラスする、甘いものが食べたくなったらフルーツを食べるなどできることから取り入れて血糖値のコントロールをしていきましょう。
お正月休みはついつい食べ過ぎてしまいますが、ほどほどに♪

x