パーソナルファイナンスを学ぶ

vol.27 ~年末調整って何の調整?~

一年の総決算!年末調整って何の調整?

会社員にとってなくてはならない制度で、年末の恒例行事が年末調整です。その年の毎月の給与や賞与から源泉徴収された税金を精算します。28年の年末調整からマイナンバーの記入も必須になりました。いったい年末調整って何を調整するものなのか?その疑問を解消したいと思います。

◆年末調整って何の調整?
一年間の所得から各所得控除を差し引いて本来納めるべき税金を算出します。その税金が毎月の給与や賞与から源泉徴収された税金と精算します。源泉徴収された税金のほうが多ければ税金が戻ってきます。一方で、源泉徴収した税金が少ないと不足分を納めます。この『税金の調整(精算)』が年末調整です。その手順は次のとおりです。

手順②では、家族構成などによりいろいろな控除が差し引かれます。また、マイホームを購入した方で住宅ローン控除を行う場合は、2年目からは年末調整で行うことができます。会社で行ってくれるので助かりますね。

■年末調整の手順

20161206_01
※12月に行う年末調整について解説しています。海外転勤など年の途中で年末調整を行う方は含んでいません。

◆年末調整で受けられる控除は?
年末調整は、いろいろな控除が差し引かれたうえで所得税が計算されます。控除についてはこちらの表にまとめました。表内のAについては、前述の②の手順で控除します。控除されるものは意外に多いですね。

■年末調整のまとめ

20161206_02
◆こんなときはどうするの?
では、ふるさと納税(寄附金控除)や医療費控除を行う方はどうすればいいでしょうか。実は、このように年末調整では控除できないものがあります。その場合は年明けに確定申告をしていただく必要があります。年末調整をもとにした源泉徴収票が翌年の1月に会社から発行されますのでそれをもって確定申告をしましょう。
年末調整のあとにお子さまが生まれたとか、結婚したなど家族構成に変化があったときも、確定申告することで、さらに税金が還付される場合もあります。

年末に戻ってくる税金でちょっとリッチなクリスマスやお正月というのも楽しみですね。住宅ローン控除を受けられる方はちょっとしたボーナスです。しっかり貯金もできそうです。
納税の仕組みを理解していれば、税金ばかり払って損をしたなと思うこともなくなるのではないでしょうか。年末調整で税金を徴収されることがあっても、決して損をしている訳ではありませんのでご安心ください。

x