栄光職業ファイル

栄光職業ファイル Vol.25「教員(小学校・中学校・高等学校)」

小学校、中学校、高等学校の教員になるためには、教員免許が必要となります。学校の種類ごとに教員免許があり、希望に該当する教員免許を持っていなければなりません。さらに中学・高校の教員免許は教科別になっているので、どの科目を教えたいかを事前に決めておく必要があります。

 

教員免許は、教職課程のある一般の学部であっても、専門科目と教職の規定単位を修得すれば取得可能です。しかし、教育学部や教員養成系学部の方が教育現場に近い形で専門的な内容を深く学べること、さらには免許取得に必要な科目の大半が卒業に必要な単位として認められているため、授業数などの負担が少なく済むといったメリットがあります。

 

免許状を取得したあと、公立校であれば、都道府県や政令指定都市が独自に実施する教員採用試験に合格しなければなりません。一方、私立校の場合は、各校で教員採用試験を行っていますが定期的に採用している学校は少ないのが実情です。

 

どちらをめざすにしても、計画性を持って試験勉強を進める習慣と、生徒の未来をサポートするための幅広い教養を身につけることが大切です。

x