パーソナルファイナンスを学ぶ

vol.35 ~お金・経済やビジネスに強くなる資格・検定~

お金や経済について学べる機会は様々です。そのなかでも資格や検定を取得することで、家計の健全化が図れるようになります。また、仕事や転職にも活用ができるかもしれません。お金や経済について学べる資格や検定は、国が認定する国家資格や民間の団体が認定する民間資格があります。「お金や経済はちょっと苦手…」という方でもはじめやすい資格や検定をご紹介します。

◆ライフプランやマネープランニングに役立つ
充実した人生を送るためにはライフプランニングの作成と実行がカギとなります。そのライフプランを実現するための裏付けとなる知識をもとに考えることがマネープランニングです。それらを入門的に学べる資格を紹介します。

●FP技能士(ファイナンシャル・プランニング技能士)
顧客の資産に応じた貯蓄・投資等のプランの立案・相談に必要な技能を習得します。技能の習得レベル(1~3級)を評価する国家検定制度です。家計や資産管理にも役立つ内容です。

●証券外務員(資格名称は二種(一種)外務員資格)
証券会社や銀行などで金融商品の説明や販売にかかわるために必要な資格で、金融機関への就職や転職を目指す方に有利です。

●DCプランナー
企業年金総合プランナーとして、年金制度全般にわたる専門的な知識を学ぶことができます。※DCプランナーの「DC」とは「確定拠出年金」のことをいう。

そのほか学生から社会人まで証券投資・分析の基礎知識や考え方を効率的に学べる証券アナリスト基礎講座(通信教育講座)もあります。

■上記のおもな概要

◆会社の財務や経済・ビジネスに強くなる
会社の健康状態をみるための財務にかかわる検定や経済について基礎から丁寧に学べる検定もあります。金融には財務や経済などの知識は欠かせないものになります。また、資格や検定を活かすための仕事術も大切になります。ここではそれらにかかわる検定をご紹介します。

●簿記検定
中小企業や個人商店などの経理事務に役立ちます。また、経理・財務担当以外においても職種にかかわらず評価する企業が多くビジネスパーソンに必須の基礎知識です。

●商業経済検定
経済や企業経営の基本原則・国の法体系の基礎を学びます。国内問題や国際情勢を正しく理解することができる能力を身につけることで、新聞の経済誌面の内容が理解できる知識を得られる資格です。

●ビジネス能力検定(B検) ジョブパス
業種・業界を問わず社会人として必要なスキルやマインドを身につけ仕事の能力バランスよく評価する試験です。顧客、品質、納期、時間、目標、協調、改善、コストを中心にして、個人またはチームで働くためのスキルやマインドを身につけることができます。

■上記のおもな概要


何か新しい学習を始めるには、テキストや試験日程など情報を調べたり、学習のための時間をどう作るかなどいくつか課題はありますが、学校に通わなくても通信教育やアプリを活用するなど現在はいろいろな学習方法があります。
隙間時間にテキストやスマートフォンで学習したり、図書館でじっくり学習するなど新しいライフスタイルが生まれるかもしれませんね。

x