美味しいコラム

2/22は「おでんの日」

~全国のおでん事情~
おでんを食べる時に息を吹きかけることから「フー(2)フー(2)フー(2)」の語呂合せにより、新潟県のラジオ番組「クチこみラジオ 越後じまんず」が2007(平成19)年に制定しました。

◎おでんの歴史
おでんの始まりは室町時代に流行した「豆腐田楽」で、江戸時代には種類も豆腐、ナス、里芋、こんにゃく、魚と増えていきました。現在の煮込んだおでんの始まりには色々な説があるようですが、江戸時代後期に銚子や野田で醤油の醸造が盛んになり、醤油味の煮込みおでんが生まれたと言われています。

◎日本各地のおでん具材・つけだれ
●北海道、東北
海や山の幸を具材に、味噌系のたれをつけることが多い

●関東
はんぺんやちくわぶなどの練り製品が人気で、かつお節のだしを効かせた濃口しょうゆで煮込む

●中部
静岡ではだし粉がかかった黒はんぺんや豚モツ、名古屋ではみそで煮込んだおでんが親しまれています。

●関西
おでん=「関東煮」と言い、京都では京野菜や湯葉が種ものとして使われる

●中国・四国
つけだれに特徴のあるエリアで、香川や徳島ではからしみそを、愛媛ではみがらしみそ(麦みそ+からし)を使用

●九州・沖縄
比較的コクのある汁がベースになり、福岡・佐賀・大分を中心に具材は餃子巻が人気

また、日本国内だけでなく海外でも食べられています。台湾ではケチャップ、砂糖、トウガラシを混ぜた「甜辣醤(テンラージャン)」というたれがかけられ、韓国ではゴマ油とトウガラシ入りの醤油を付けて食べているそうです。色々なつけだれで楽しんでみてくださいね。

x