美味しいコラム

5/5は「端午の節句」

~端午の節句と柏餅~

本日5/5は「子どもの日」。もともと「端午の節句」にあたります。端午の節句に食べられるのが、皆さまもよくご存じであろう“柏餅”です。

古代、柏の葉は神さまへのお供え物を盛る器としても使われていました。柏の木は冬になっても葉が落ちず、春に新芽が出るまで古い葉が残っている特性があり、「代が途切れない」「子孫繁栄」の縁起物として、柏の木には神様が宿っていると崇められていました。跡継ぎを重んじる武家社会で、男の子の健やかな成長を祈願する端午の節句の縁起物として柏餅を食べる風習ができたのです。

この風習は江戸時代に定着したそうですが、当時は小豆で作ったつぶあんやこしあんではなく、味噌あん・塩あんが一般的だったと言われています。

柏餅は、上新粉に水と砂糖を混ぜて、蒸すまたは耐熱容器に入れ電子レンジで加熱しても生地を作ることができますよ♪

x