起源を知りたい!

起源を知りたい! Vol.31

~子どもの日の由来~

 

子どもも大人も楽しみにしている春の大型連休。5/5は「こどもの日」ですね。この日は端午の節句ともいわれ、かつては男の子の日というイメージもありました。

端午の節句は日本古来の風習と中国から伝わった行事が結びついて、時代とともに変化してきました。そもそも「節」とは季節の変わり目を意味する節目のこと。古代中国では奇数(陽)が重なる日はめでたい反面、奇数が重なると偶数(陰)が生まれるため陰に転じやすいことから邪気祓いを行っていました。端午の節句には菖蒲やよもぎを使って厄除けをしていたそうです。この風習が日本に伝わり、宮中でも節句に邪気祓いの行事が行われるようになります。

また、それ以前に日本では、田植えを始める5月に「五月忌み」という行事が行われていました。神聖な田植えは早乙女と呼ばれる女性の役目で、田植え前には田の神様のために心身を清める習慣があったのです。これに端午の節句が結びつき、菖蒲やよもぎで葺いた小屋にこもるようになります。宮中行事とは別に、民間では女性のための行事だったのですね。

やがて武家社会に広まると、鎌倉時代には「菖蒲」と武芸を尊ぶ「尚武」や「勝負」をかけて縁起をかつぎ、端午の節句に男の子の成長を祝うようになります。鎧や兜などを飾る風習が生まれたのもこの頃です。江戸時代には端午の節句を含む五節句が祝日に定められ、3/3の女の子の節句(ひなまつり)に対し、5/5は男の子の節句として定着しました。

ちなみに、「端午」とは「月の端(はじめ)の午(うま)の日」という意味で、もともとは5月に限らず毎月最初の午の日のことでした。そして、午(ご)と五(ご)の発音が同じことから毎月5日を指すようになり、さらに5月は旧暦で午の月にあたるため、奇数が重なる5/5が端午の節句になったとか。語呂合わせが決め手になったとは驚きですね。

x