コラム

スーパーで売っているハーブを知ろう

“ハーブ”という言葉は以前より色々な場所で耳にするようになり、スーパーでも何種類も揃えているところが増えました。今回は手に入りやすいハーブの中の使い方をご紹介したいと思います。

●バジル
独特の強い香りを放つバジルは、オリーブオイルやトマトと相性が良く、イタリア料理でよく使用され、古代ギリシャの王家や貴人が香水や薬に使っていたことから「王様のハーブ」とも呼ばれています。殺菌作用、消化促進作用もあり、虫除けスプレーの香料に使われることもあります。

●タイム
スーッとしたすっきりとした香りを持つタイムは、ギリシャ語で“良い香り”という意味があります。肉や魚介類の臭み消しの他に、ソーセージに混ぜたり煮込み料理に使用されたり、オイルやビネガーに漬けたりとヨーロッパでは日常的に登場するハーブです。乾燥しても香りが残りやすいので、ポプリにも使用されます。

●ディル
爽やかな香りを持つディルは、なだめる・穏やかにするという意味があり、江戸時代には薬として使用されていた記録も残っています。魚料理に良く合い、北欧料理によく使用されます。

もちろん、上記の組み合わせ以外にも美味しく、香り良くなる組み合わせも沢山あります。

ハーブはバター・チーズ・ヨーグルトなどの乳製品やマヨネーズとも相性が良いので、刻んで混ぜたり、レモンやオレンジなどの柑橘系とも相性が良いので、一緒に使用するのもオススメです!

添えるだけでも料理をぐんとおしゃれに見せてくれるハーブ、ぜひ使ってみてくださいね。

x