コラム

カレーのおすすめ隠し味と作り方のコツ

子どもから大人までみんな大好きなカレー。暑い中で辛いものを食べたい!と、食卓に登場する回数も増えるのではないでしょうか?和食に必須のあの調味料をほんの少し加えるだけで、いつものカレーがもっと美味しくなりますよ。

◎隠し味① 醤油
一般的には濃口醤油を使われている方が多いと思いますが、あれば“たまり醤油”がオススメです。たまり醤油は大豆を多く使用し長期熟成で作られる場合が多く、旨味が凝縮されています。

◎隠し味② 味噌
味噌も醤油と同様、熟成期間の長いものを使うのがオススメです。熟成期間が長い=色が濃いものとして選ばれると良いです。ただ、スーパーに売っているものは着色されている場合もあるので“天然醸造”と記載があるものを選ばれるのがオススメです。

◎作り方のコツ
美味しく作るポイントは「コク」を出すこと。
玉ねぎは飴色になるまで時間をかけて良く炒めましょう。炒める時に少量の塩を加えると水分が出て早く炒まります。トマトを使用するとさらにコクが増しますが、煮詰める時間を短縮させたい場合はトマト缶よりトマトペーストを使用するのがオススメです。

変化を出したい時は「香り」を変えてみましょう。香りを変える時は、水の代わりにりんごジュースやパイナップルジュースを使用するとフルーティーになります。「インドっぽさ」を増すには“クミン”を加えてみてください。“ガラムマサラ”はいろいろなスパイスが混ざっているミックススパイスのことで、香り高く仕上げたいときに加えてみましょう♪

ベーシックなカレーの具材は玉ねぎ・じゃがいも・にんじんですが、旬の野菜に変えたり、切り方を変えたり、お肉も鶏、豚、牛、挽肉と変えるだけでも大きく変化します。ルーの中で煮込まず、焼いてトッピングしても良いでしょう。色々なカレーを楽しんでくださいね!

x