パーソナルファイナンスを学ぶ

vol.55 ~奨学金制度~

こんなにあった!給付型の奨学金

国の給付型奨学金が平成29年度から始まりました。この他に大学や民間等の奨学金にも、返還しなくても良い給付型の奨学金が数多くあります。他の奨学金との併用ができるものもあり、知っておくと選択肢のひとつになります。
なかには学業成績が優秀な学生に奨学金を年額で支給をする私立大学もあります。高校生のうちに申し込みをしなければいけない奨学金もあるので、あらかじめ知っておきたい情報です。

◆奨学金の種類について
奨学金を行っている団体には、「大学等」「地方公共団体」「民間団体」「公的機関(独立行政法人日本学生支援機構)」などがあります。
奨学金の種類には、「給付型」「貸与型」があります。「給付型」は、あらかじめ決められた金額を一定期間もらえる、いわゆる返還しなくて良い奨学金です。「貸与型」は、あらかじめ決められた金額を一定期間借りる奨学金です。
奨学金とは別に、学費の一部または全額が免除となる「免除」という制度もあります。免除は学費の納入そのものを免除されるため、この点は給付型と異なります。

◆奨学金の目的と必要性
国の奨学金事業では、学生等が意欲と能力にもかかわらず経済的理由によって修学を断念することがないように、奨学金(給付・貸与)による対策が図られています。一方、大学等では、学業成績等が優秀な学生に対してもその修学を促すことを目的として行う独自の給付型の奨学金もあります。

例えば、国公立大学にも奨学金制度があり、東京大学やお茶の水女子大学などをはじめ多くの大学が給付型の奨学金制度を導入しています。また、大学では授業料を免除する制度の導入も増えています。

◆大学独自・民間などの奨学金制度
大学等にとって、将来像を見据えたこれから大きな可能性を秘めた学生を求めていることでしょう。学業成績が優秀な学生や、将来グローバルに活躍できる人材の確保を目指しています。人物はもちろん、学業ともに優れており、または、経済的理由で就学が困難な学生に、学術や高度な技術的教育等を受けられる高等教育の機会を積極的に図っています。
下記は、給付型奨学金を導入する大学等や民間団体の一部を紹介しています。

【給付型を導入するおもな大学や民間団体】

※奨学金の情報は大学及び団体のホームページ上の平成29年度の情報をもとに作成しています。

お子さまが活躍したい分野や職業に就くためには、進学というステップアップは避けられません。そのためには学習面でのサポートとともに、経済的な下支えも重要です。
成績が優秀で向上心を持った学生に対して資金を積極的に使う大学も多くあります。家庭では、お子さまが進みたい分野や学校について話し合うこともあると思いますが、お子さまの将来への芽を早く見つけることができれば、それに合った奨学金制度にも出逢えることができそうですね。

x