コラム

10/12は「豆乳の日」

豆乳についての消費者の理解や関心を高めるために、日本豆乳協会が2008年に制定し、2012年に正式に登録された豆乳の日。「とう(10)にゅう(2)」の日ですね!

■豆乳とは?
茹でた大豆をすりつぶして絞った時に出る液体で、“にがり”で固めると豆腐になります。

■豆乳の種類
●無調整豆乳
大豆固形分8%以上(大豆タンパク質換算3.8%以上)
大豆を絞ったままの濃度が高い
大豆から作られた豆乳に水以外のものを一切加えていないもの

●調製豆乳
大豆固形分6%以上(大豆タンパク質換算3.0%以上)
砂糖、油脂、カルシウムなどを加えて飲みやすくしたもの
添加物が使用されている場合があるので要チェック

その他「豆乳飲料」とされるものは豆乳自体の使用量は少なく、風味付けしてあったり果汁が加えられていたりするものです。

■豆乳の栄養価
タンパク質、脂質、カルシウム、鉄などのミネラル類、ビタミン類も豊富に含んでいます。サポニン(抗酸化作用)、レシチン(記憶力・集中力アップ)、イソフラボン(骨粗鬆症や更年期障害の緩和)などの効果があると言われています。

◆こんなものも!
牛乳・大豆アレルギーの方でも飲むことができる “ミルク”があります。お米から作られており、ビタミン類や食物繊維を含んでいる「ライスミルク」、コレステロールゼロ、香ばしい味わいで飲みやすく、ミネラルが豊富でビタミンEなどを含んでいる「アーモンドミルク」なども最近ではスーパーに並んでいます。

大豆の栄養が詰まった豆乳は、豆腐屋さんで売られている物が栄養価が高く、濃厚でオススメです。ぜひこの機会に美味しい豆乳を探してみてはいかがでしょうか?

x